MENU

ミノキシジルの作用機序と注意点

ミノキシジルは育毛剤の中でも特に知名度が高いものとして知られていますが、主に中年男性以降に多く見られるAGAと呼ばれる薄毛を治療するために用いられるのが特徴となっていて、先発医薬品となるのはリアップになりますが、リアップに対しての後発医薬品も多く出回っています。

 

医薬品タイプの育毛剤ということもあって高い効果が期待できるのですが、その一方で血管に対しての影響が大きいので副作用リスクが心配されるところです。

 

基本的に医薬品ということもあって入手するためには医療機関に足を運んで医師の指示に従って処方を受けることになるので、自分の頭髪の状態にあったものを選択して選んでくれています。

 

しかし、最近は個人輸入などによって個人でも医薬品を入手するルートが確立されているので、ミノキシジルが含有されている医薬品の入手について医療機関を通さないという人もいるかもしれませんが、自分の頭髪の状態にきちんと合ってないものを選んでしまうと危険性も増してきます。

 

特に気をつけないといけないのはサプリタイプの育毛剤ですが、ミノキシジルを体内に取り込んでそこから血管を拡張して栄養分を効率よく頭髪へ促すというのが特徴になっています。