MENU

育毛剤と言えばミノキシジルが有名ですが

育毛剤にはさまざまな成分がありますが、

 

その中でも代表的な成分と言えるのがミノキシジルと言う成分で、

 

この成分には血管を拡張させることができる作用機序があるので、

 

これによって頭髪が成長するために必要な栄養分を血液で介して頭部に運びやすくなります。

 

 

血管に対しての作用機序がメインになってくるので服用タイプが多くなっていますが、

 

それだと副作用リスクが高いということに難色を示す人は外用タイプもあるので、

 

そちらを使用するというのも方法になります。

 

成分
この成分は医薬成分に分類されるのでミノキシジルが含有されている育毛剤を購入するためには
取り扱いをしている医療機関で受診をしなければなりませんが、
先発医薬品だけでなく安価な金額で購入することができるジェネリック医薬品なども増えているので、
予算と相談して購入するタイプを選ぶとよいでしょう。

 

 

日本以外ではロゲインの商品名で売られています。
日本ではリアップシリーズがこのミノキシジル1%を含んだ育毛剤として販売されています。
2009年にはミノキシジルを5%配合したリアップX5が発売されました。

 

リアップ
育毛剤の使用目的は髪の毛が少なくなっている状態を改善することがメインとなっていますが、
その一方で症状にあったタイプをきちんと選ばないと何の効果も得ることができないこともあるのでその点には注意する必要もあります。

 

また、頭髪が薄いことに対して悩みを抱えているとそれがストレスとなって自律神経などを乱れさせる原因を作り、
さらにはホルモンバランスを崩れさせてしまい薄毛の症状を悪化する環境を作ってしまうことも想定されるので、
あまり薄毛だからと言って悩んでしまわないようにすることも大切です。

 

 

育毛剤の副作用として代表的なものは頭皮の痒みです。
ミノキシジルやロゲインなどの外用薬に含まれる基剤成分・プロピレングリコールに対するアレルギー反応が見られることがあり、痒みが起こる人もいます。
またミノキシジルは使用中は脱毛を止められるが、使用をやめると再び起こり始めるので根本的な改善にはならない。

 

 

ミノキシジルの作用機序と注意点
ミノキシジルは育毛剤の中でも特に知名度が高いものとして知られていますが、
主に中年男性以降に多く見られるAGAと呼ばれる薄毛を治療するために用いられるのが特徴となっていて、
先発医薬品となるのはリアップになりますが、リアップに対しての後発医薬品も多く出回っています。

 

医薬品タイプの育毛剤ということもあって高い効果が期待できるのですが、
その一方で血管に対しての影響が大きいので副作用リスクが心配されるところです。

 

基本的に医薬品ということもあって入手するためには
医療機関に足を運んで医師の指示に従って処方を受けることになるので、
自分の頭髪の状態にあったものを選択して選んでくれています。

 

しかし、最近は個人輸入などによって個人でも医薬品を入手するルートが確立されているので、
ミノキシジルが含有されている医薬品の入手について医療機関を通さないという人もいるかもしれませんが、
自分の頭髪の状態にきちんと合ってないものを選んでしまうと危険性も増してきます。

 

特に気をつけないといけないのはサプリタイプの育毛剤ですが、
ミノキシジルを体内に取り込んでそこから血管を拡張して栄養分を効率よく頭髪へ促すというのが特徴になっています。