MENU

育毛剤の天然成分と医薬成分の違い

育毛剤には大きく分けて医薬成分が主成分になっているタイプと天然成分が主成分になっているタイプがありますが、医薬成分が主になっている方については医療機関で頭髪の状態をチェックしてもらって医師の指示に従って処方を受ける必要があります。
イメージ
一方で天然成分が主成分になっているタイプについては医療機関で受診することが必須になっているわけではなく、ドラッグストアや通販などを通じて簡単に購入することができるようになっています。

 

どちらの成分にも一長一短がありますが、天然成分が主成分になっている育毛剤については体に対しての負担が少ないメリットがあるので飲用タイプであっても副作用のリスクが少なく、購入における負担も少ないので、最初は天然成分が主成分になっている育毛剤を購入して使用するとよいかもしれません。

 

また、医薬成分が主成分になっている育毛剤については効果の高さという点で考えると高い期待がありますが、その一方で医薬成分が体に対して与える影響は無視できず、人によっては重たい副作用の症状を引き起こしてしまうようなこともあります。

 

副作用リスクを考えると医薬成分が主成分になっている育毛剤の使用については不安が残るところもあります。

 

服用タイプだけでなく外用タイプも用意されているので口から入れることに抵抗を覚えるような場合は外用タイプを購入して薄毛の部分に塗布して効用を確かめるところから始めてみるとよいかもしれません。