MENU

薄毛・抜け毛の危険度チェック

薄毛・抜け毛の危険度チェック

こんな習慣があると薄毛・抜け毛が加速する!
あてはまるものにチェックして!

 

Q01 外食やインスタント食品をとることが多い
Q03 毎日の睡眠が4時間以下である
Q04 髪を頻繁に染めたり、縮毛パーマをかけている
Q06 髪の毛が細くなった
Q07 髪にうねりやパサつきを感じるようになった
Q08 髪にハリがなくなった
Q09 切れ毛が多くなった
Q10 フケがでやすい
Q11 毎日髪を洗っていない
Q12 更年期に入っている(45〜55歳)
Q13 生理不順である
Q14 食事では脂ものを多くとりがち
Q15 食事の時間が不規則
Q16 魚よりも肉類を多く食べる
Q17 野菜不足を感じる
Q18 お酒はよく飲むほうである

Q19 どちらかというと早食いである
Q20 車で通勤している
Q21 帽子やヘルメットをしていることが多い
Q22 デスクワークが多い
Q23 これまでに食事制限のダイエットを何度もしたことがある口
Q24 ダイエットのリバウンドの経験がある
Q25 やる気がでないことがたびたびある
Q26 よく眠れないことが多い
☆総合点をだしてみよう! 
Q01〜Q05口個×3点=口点
Q06〜Q26口個×1点=口点

判定結果は

髪の危険度
O点
薄毛のリスクは低い
今の生活習慣を守って今のところ、髪にやさしい生活を送っています。
現在の生活習慣を持続していくように努力しましょう。とはいえ、加齢に伴い、経年変化や女性ホルモンのバランスが崩れるなど、どうしても薄毛のリスク要因は増えてきます。
きちんとした生活習慣を守れば、そのリスクを軽減することにもなります。

 

1〜9点
ひとつでも多く生活習慣の改善を
生活習慣はまずまずといったところですが、このままでは、薄毛のリスクを大きくしてしまうことになります。
QI〜Q5にチェックが入っているなら、まずはこれらの悪い生活習慣を改めてから、他の改善に取り組みましょう。更年期(45〜55歳)に突入している人は、特に注意が必要です。

 

10〜19点
薄毛は徐々に進行早急に生活改善を
黄色信号がともっています。徐々に薄毛が進行している可能性あり。食事、睡眠など早急な生活改善が望まれます。
間違った頭皮ケアを改める、栄養バランスを考えた食事にするなど、すぐにできることから始めましょう。このままいくと、薄毛になってしまう危険度が高まるばかりです。

 

 

 

20点以上
髪の毛だけでなく健康にもマイナス
薄毛のリスク度はかなり高いといえるでしょう。みえないところで、頭皮へのダメージも進行している可能性があります。
もしかしたら、すでに髪への不安が現実になっているかもしれません。現在の生活習慣では、髪の毛だけではなく、体の健康にも悪影響を及ぼす可能性があるので気をつけてください。